• 印刷する

JBIC、オカムラ食品工業に協調融資

国際協力銀行(JBIC)は13日、オカムラ食品工業(青森市)との間で、1億8,500万円(JBIC分)の貸し付け契約を締結したと発表した。七十七銀行(仙台市)との協調融資で、協調融資総額は約2億6,500万円。

オカムラ食品工業のマレーシア法人、上佳貿易(馬)有限公司(センカ・トレーディング=M=)が実施する水産加工品の販売事業に必要な資金を融資する。

オカムラ食品工業は1971年の設立。サーモンの養殖や水産加工品の製造、海外卸売りを手掛ける。同社は、マレーシアで水産加工品の販路を開拓するため、2018年にセンカ・トレーディングを子会社化。センカ・トレーディングのハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)商品の流通機能を強化することで、マレーシアでさらなる事業拡大を企図している。

センカ・トレーディングは09年の設立。スランゴール州プチョンに拠点を構える。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 食品・飲料金融

その他記事

すべての文頭を開く

プロトン、EV市場に参入へ 23年第4四半期に「スマート」発売(08/19)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

新規感染3516人、死者は4月下旬来の高水準(08/19)

ホンダ、SUV「HR―V」新型の納車開始(08/19)

RM1=30.2円、$1=RM4.47(18日)(08/19)

J&Tがアプリで越境宅配、まずマレーシア(08/19)

自動車部品EP、EVの輸入販売に参入へ(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン