• 印刷する

首都のバイオマス発電所、7月までに稼働

カンボジアの首都プノンペンで建設が進むバイオマス発電施設が、7月までに稼働する見通しだ。もみ殻を燃料に使用して発電し、オランダ系ハイネケン・カンボジアのビール工場に電力を供給する。地元各紙が11日に伝えた。

発電施設の立地はプノンペン南部チュバールアンパブ区のロボスアンカン地区。設備容量は9,000キロワット以上で、稼働後は国内最大規模のバイオマス発電施設となる見通しだ。シンガポールに本拠を置くバークリー・エナジーC&Iソリューションズ(BECIS)が580万米ドル(約7億4,900万円)を投入し、昨年12月から建設を進めている。

この施設では燃料となるもみ殻を南東部プレイベン州から調達し、電力をハイネケンのビール工場に供給する予定。BECISは投資認可当局カンボジア開発評議会(CDC)との共同声明で、「最終的に年1万7,000トンの二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる」とコメント。具体的な実現時期については言及しなかったが、ハイネケンは2030年までに生産過程でのCO2排出量をゼロにしたいとの考えを示した。

BECISによる発電施設の整備事業は今年2月、CDCから「適格投資プロジェクト(QIP)」として認可された。同社のカンボジア代表は、QIPの承認について、「長期的に信頼できるエネルギー企業として認証されたことは、カンボジア事業を展開する上で大きな追い風になる」とコメントした。

QIPの認定を受けた事業は、最初の利益開示後から9年間にわたり、段階的に減税措置が適用されるほか、現地生産に必要な原材料調達時の付加価値税(VAT)も免除される。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 食品・飲料農林・水産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

23年最低賃金、8月に3者協議開始へ(06/28)

カンボジアへ電力輸出、30年には6百万kW(06/28)

観光業2.2万人失業、廃業・休止は約1200社(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

地方選の得票確定、人民党が7割強で圧勝(06/28)

財政赤字額、21年はGDPの5.3%に拡大(06/27)

建設認可額、1~5月は60%減の9.5億ドル(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン