トヨタ系列に試練、危機対応続く

【共同】トヨタ自動車の2022年3月期決算は販売回復や円安で過去最高益となった。ただ原材料価格高騰で23年3月期は減益を見込み、半導体不足も長期化し危機対応モードの様相が依然色濃い。事業環境の厳しさで試練に直面する系列企業もあり、仕入れ面での配慮を通じた支援を部品供…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

5月衣料輸出、6割超の伸び 5カ月連続成長、外出需要回復で(08/11)

〔アジア人事〕コーセルなど(08/11)

販売「過去最高」も崖っぷちに パキスタン新車、上期は14万台(08/11)

東南ア日本商議所、ASEAN事務局と対話(08/11)

トヨタ、9月世界生産85万台(08/11)

スズキ、「アルト」をフルモデルチェンジ(08/11)

トヨタ、G20でレクサスEVを143台提供(08/11)

日系トイエイト、子どもの発達支援事業開始(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン