「台湾侵攻に自信持てず」、米高官中国巡り分析

【ワシントン共同】ヘインズ米国家情報長官は10日、ロシアがウクライナ侵攻で苦戦するのを見て、中国は台湾への軍事侵攻に「自信が持てずにいる」との分析を示した。中国は、軍事力行使の準備も進めているものの、外交や経済的圧力を通じた「紛争を伴わない、強制的な台湾統一を望…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本に一時帰国すること…(08/09)

7月輸出額、2番目の高水準 433億米ドル、半導体は2桁増(08/09)

中国軍、台湾演習を継続=圧力常態化(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

ミサイル台湾越え認める、国防部「厳密に把握」(08/09)

中国ミサイル脅威浮き彫り、米政権は関与で抑止(08/09)

中国軍事演習で懸念共有、外相が国連総長と会談(08/09)

黄海での実弾訓練、国際飛行経路に影響なし(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン