英臨時大使がタイで足止め、国軍が入国拒否

在ミャンマーの英外交官トップであるピート・バウルズ駐ミャンマー臨時大使が、ミャンマーへの入国を拒否され、タイの首都バンコクで足止めされているもようだ。国軍の最高意思決定機関「国家統治評議会(SAC)」が、同氏への入国査証(ビザ)発給を拒否しているという。電子メ…

関連国・地域: タイミャンマー欧州
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

18日の感染者31人、3日ぶりに死者ゼロ(08/19)

ロシア産燃油調達委、軍の取り巻きが占める(08/19)

ヒヨコ豆とジャガイモ、3年ぶり高値(08/19)

FBの影響力に懸念、国軍が新技術開発へ(08/19)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

輸出収益の35%は送金など可能、中銀声明(08/19)

UABが英誌から優秀賞、人権団体は非難(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン