個人情報保護法、6月に施行 刑事罰や集団訴訟などの可能性も

タイで個人情報保護法(PDPA)が6月1日に施行される。企業は、事業活動を通じて得た顧客や取引先のほか、自社の従業員の個人情報についても適切な管理・取り扱いが義務付けられる。違反した場合、行政罰や刑事罰が科される可能性があるほか、個人情報のデータ主体(本人)な…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夕方のオフィスに、ため…(07/04)

〔アジア人事〕アルゴグラフィックスなど(07/04)

タイ、製造業全体に影響多大 東南アジアの半導体事情(上)(07/04)

新規の感染者2328人、死者は19人(2~3日)(07/04)

5月のメーカー別車輸出、9社中4社が増加(07/04)

タイの仕向け地別の車輸出台数(22年5月)(07/04)

タイ系2航空、ヤンゴン商用便再開(07/04)

モノレール2路線、運賃53~160円で検討(07/04)

サーソル、プライベートジェット合弁設立(07/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン