ラオスで燃油不足、通貨安背景に輸入減少

ラオスで、燃油不足が発生している。通貨キープ相場の下落に伴い、多くの事業者が燃油の輸入を停止しているためだ。首都ビエンチャンの給油所では、ガソリンなどを求める人で長蛇の列ができているようだ。ラオス・タイムズ(電子版)などが伝えた。 北部ルアンナムター県では、3…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

北部とバンコク結ぶ航空路線、運航再開(06/28)

カンボジアへ電力輸出、30年には6百万kW(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

BCPG、9月にラオスから越向け送電開始(06/28)

ラオスからの買電、25年に4倍の200万kW(06/28)

燃油調達、政府が2億米ドルの信用状発行(06/27)

中央銀行、外貨両替に上限額など規制を導入(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン