ムンバイ空港の開発費徴収、6月まで延長

インド西部ムンバイの国際空港を出発する旅客からの開発費の徴収が6月末まで続くことになった。タイムズ・オブ・インディア(電子版)が8日に伝えた。 現在のムンバイ空港での徴収額は、国内線が120ルピー(約200円)、国際線が720ルピー。徴収期間の延長が決まったのは、同空港…

関連国・地域: インド
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ヒロシマ・デー」とし…(08/11)

販売「過去最高」も崖っぷちに パキスタン新車、上期は14万台(08/11)

スズキ、「アルト」をフルモデルチェンジ(08/11)

現代自、半導体不足の解消は来年の見通し(08/11)

中国勢のスマホ販売制限、地場企業に恩恵(08/11)

豆類の価格高騰、中銀の通貨切り下げが影響(08/11)

HFCLとクアルコム、5G向け機器で提携(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン