日本の企業や大学も健闘、「培養肉の特許」

【共同】ステーキを食べる時に家畜たちの顔を思い浮かべることはないだろうか。環境問題への配慮に加え、良心の呵責(かしゃく)も感じずに済むのが幹細胞を体外で増やして作る「培養肉」だ。製造法などに関する特許の出願数が世界的に増えつつある。 特許庁がまとめた「ニーズ即…

関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

リモート研修はコロナ後も、VR活用の体験会(21:00)

豪の訪日実証ツアー、旅行大手6社が実施へ(19:55)

セルトリオン、日本でバイオ後続品申請へ(17:50)

新規感染1179人、前日から140人減=23日(19:54)

東南アジアで溶接技術つなぐ 日新電機、ミャンマーで金属加工(05/23)

テイクオフ:パキスタンは現在、38…(05/23)

洋菓子の新業態店がハノイに 麦の穂、5年で海外300店目標(05/23)

テイクオフ:土曜の昼下がり、広州の…(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン