仁川市バス、30年までに水素燃料に転換

韓国の仁川市は2030年までに、市内を運行する路線バス約2,000台を燃料電池車(FCV)に転換することが分かった。 環境省は3月30日、産業通商資源省をはじめ、仁川市、現代自動車、SK E&S、米燃料電池大手のプラグパワーが参加する中、仁川市庁で水素公共交通都市の造成に…

関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車運輸


その他記事

すべての文頭を開く

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

コンビニが低価格商品を強化 超高物価に対応、PB導入も加速(08/19)

新規感染者17.9万人、死者61人増(08/19)

米国のEV優遇策、韓国車は対象外に(08/19)

7月電動車販売、前年比8倍の1030台(08/19)

現代自の国内工場、上半期は稼働率100%超(08/19)

大同モビリティー、カカオ傘下と提携(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン