華人置業、恒大株の投資損で赤字見通し

香港不動産投資大手の華人置業集団(チャイニーズ・エステート・ホールディングス)は14日、2021年12月期決算の純損益が32億~38億HKドル(約482億~572億円)の赤字になる見通しだと発表した。経営危機にある中国本土の大手デベロッパー、中国恒大集団(チャイナ・エバーグランデ…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

老舗飲食店が続々閉店 コロナで観光客消え、宴会も激減(08/16)

新たに4896人感染、前日から83人減(08/16)

隔離短縮、本土往来に影響せず=行政長官(08/16)

幼稚園で出張接種、10人から対応へ(08/16)

健康観察中は出勤可、病気休暇の強要認めず(08/16)

反落、ハンセン指数は0.7%安=香港株式(08/16)

中環の長江集団中心2期、来年完成へ(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン