• 印刷する

北部など11都県で大気汚染、健康被害に注意

タイ保健省保健局は1日、4日まで全国的に大気中の微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が上昇する見通しを示した。北部メーホンソン県など11都県でPM2.5の濃度が健康に影響の出るレベルとなっている。健康悪化の症状がある場合は、医師に相談するよう呼び掛けている。

メーホンソン県ムアン郡ジョンカム行政村(タンボン)のPM2.5の濃度は1立方メートル当たり98マイクログラムと、「健康に影響がある」を意味する「レッド(PM2.5が91マイクログラム以上)」となった。また首都バンコクと周辺県(ナコンパトム、サムットサコン、サムットプラカン)、北部パヤオ、ターク、ピチット、東部プラチンブリ、西部ラチャブリ、東北部ノンカイも「敏感な人は健康に影響が出る可能性がある」を意味する「オレンジ(51~90)」となっている。

特に北部は山火事や野焼きが発生しているとみられる高温の場所「ホットスポット」が多く確認されているとし、北部と周辺国における野焼きと風が少ない状態が大気汚染を悪化させているとの見方を示した。

保健局は、外出前に天然資源・環境省公害管理局(PCD)の大気汚染監視サイト「エア4タイ<http://air4thai.com>」か専用アプリ「Air4Thai」で大気汚染の状況を確認し、オレンジ以上の場合はマスクを着用するなど対策を取ることを推奨。せきが出る、息苦しい、胸が痛いなどの症状がある場合は、医療機関に行くか、専用サイト<https://4health.anamai.moph.go.th/index>で簡易診断するよう呼び掛けている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

3空港高速鉄道、来年1月に着工見通し(06/24)

電子部品の余剰在庫ゼロへ 商社コアスタッフ、委託販売開始(06/24)

新規の感染者2299人、死者は18人(23日)(06/24)

〔アジア人事〕ゼロなど(06/24)

5月車輸出は3%減の7.7万台、バイクは増(06/24)

5月の車生産は8%減、乗用車が不振(06/24)

ラオスから電力輸入開始、4カ国間取引で(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン