• 印刷する

F1シンガポールGP、28年まで開催延長

F1シンガポール・グランプリの開催期間は、2028年まで7年間延長されることが決まった(フォーミュラワン提供)

F1シンガポール・グランプリの開催期間は、2028年まで7年間延長されることが決まった(フォーミュラワン提供)

自動車レース「F1シンガポール・グランプリ(GP)」を主催するシンガポールGP(SGP)とシンガポール政府観光局(STB)は27日、F1シンガポール・グランプリの開催期間を2028年まで7年延長することが決まったと発表した。これに伴い、今年は3年ぶりに国内でF1が開催される見通しだ。

F1を運営するフォーミュラワンとの契約期間は、直近で18~21年の4年間だった。ただ新型コロナウイルス禍で20年、21年と2年連続で開催を中止していた。シンガポールでは2008年の初開催以来、4~5年間ごとに契約を更新していたが、今回は最も長い契約期間となる。

12回目の開催となる今年のF1シンガポールGPでは、新型コロナの感染対策を徹底する。決勝の開催日は10月2日だ。

シンガポールGPのオン・ベンセン会長は「契約期間が7年延長されたことは非常に喜ばしい。F1開催を通じてシンガポールが(コロナ禍でも)経済ビジネス活動の再開に前向きであることを示したい」と述べた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

通信シングテル、4期ぶり増益 新CEOの下で純利益3.5倍に(05/28)

ジェトロが企業庁と提携、新興企業を支援(18:11)

JTC、スタートアップと大企業の交流支援(18:11)

サービス業売上高、4四半期連続で2桁上昇(18:11)

航空業界従事者、年内にコロナ前の9割へ(18:11)

シンガポール航空、客室乗務員2千人採用へ(18:11)

新興カーシェア、現代自の新型EV導入へ(18:11)

パナ、宅配ロッカー500カ所の設置完了(18:27)

小売り・不動産メトロ、通期は36%減益(18:12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン