S&P、22年の成長率7.4%と予測

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは25日、フィリピンの今年の国内総生産(GDP)成長率を7.4%と予測した。新型コロナウイルスワクチンの接種率の上昇などを理由に挙げた。マニラタイムズなどが報じた。 ワクチン接種のほか、企業や消費者心理が改善し、経済の勢いが…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中銀、0.25%利上げ 3年半ぶり、物価高を警戒(05/20)

トウモロコシ高値で推移、国際需要高まりで(05/20)

比自工会、輸入EVの関税免除を支持(05/20)

経済界、今国会での重要法案成立を要請(05/20)

改正外国投資法、細則案を作成(05/20)

複数エコノミスト、比GDP予測引き上げ(05/20)

Fジェン、22年の設備投資5.5億ドル(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン