• 印刷する

バイオガソリンの試験工場、中ジャワで稼働

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は25日、パーム原油(CPO)を原料としたバイオガソリンを製造するパイロット工場を中ジャワ州クドゥスで稼働したと発表した。バンドン工科大学(ITB)との共同事業で、商業生産に向けた事業化調査や詳細設計に活用する。

バンドン工科大が開発したゼオライトベースの触媒を使い、工業用植物油(IVO)からバイオガソリンを生成する。アリフィン・エネ鉱相によると、パイロット工場の処理能力は日量1,000リットルで、オクタン価115(RON115)の高品位ガソリンを生産できる。パイロット工場で使用する原料は、バンドン工科大などが南スマトラ州ムシバニュアシン県に建設した工業用植物油のパイロット工場から供給される。

パイロット工場での事業化調査後、政府はムシバニュアシン県とリアウ州プララワン県に、日産能力が計238.5キロリットルのバイオガソリン工場を建設する計画だ。バイオガソリンの商業生産により石油燃料の輸入を減らすほか、輸出も視野に入れる。

アリフィン・エネ鉱相(左)はバイオガソリンのパイロット工場を視察した=25日(エネルギー・鉱物資源省提供)

アリフィン・エネ鉱相(左)はバイオガソリンのパイロット工場を視察した=25日(エネルギー・鉱物資源省提供)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 化学農林・水産建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

食用油の高騰、天井見えず 国際市場ひっ迫で拍車懸念(05/20)

テイクオフ:昔の話だが、初めて海外…(05/20)

米テスラ、年内に投資実施か 中ジャワ州が候補、投資相が言及(05/20)

23日から食用油の輸出再開=大統領(05/20)

年内にボーキサイトとスズ禁輸、投資相が明言(05/20)

再生可能エネルギーは輸出せず=投資相(05/20)

対外債務3月、前年同月比1%減(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン