• 印刷する

エネ省、再エネ競争入札を公示

フィリピン・エネルギー省は、再生可能エネルギー発電による電力を消費者に供給できる事業者を選定する「グリーン・エネルギー入札プログラム」の競争入札を公示した。国内の再生エネ開発にさらなる拍車が掛かると期待されている。

プログラムの第1段階として、同省のグリーン・エネルギー入札委員会が実施する。対象になるのはルソン、ビサヤ、ミンダナオの各地方の出力計200万キロワット分となる。

内訳は、ルソンが太陽光、風力、水力、バイオマス発電の計140万キロワット、ビサヤが水力を除く計40万キロワット、ミンダナオが風力を除く計20万キロワットとなる。いずれも風力が最大となる見通しで、全体の6割強を占める。

入札は当初、2021年6月に開始される予定だったが、新型コロナウイルス禍に伴う電力需要の変動を受けて延期されていた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マスク着用の義務はいつ…(05/26)

サル痘に警戒感強まる 空港で監視、入国禁止は慎重(05/26)

マルコス氏勝利を正式宣言、大統領選(05/26)

報道長官に弁護士就任へ、次期政権(05/26)

〔ミ島通信〕鉄道事業、現政権で着工困難(05/26)

財政委、コンバージなど4社に税優遇(05/26)

発電ACEN、豪で蓄電池施設を起工(05/26)

インフラ事業、次期政権に見直し求める声(05/26)

インフラ支出、1~3月は2.6%減(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン