スリランカで電力供給に不安 燃料不足も影響、企業は停電に備え

外貨準備不足が報じられるスリランカで、電力供給に不安が生じている。輸入の減少による燃料不足と季節的な降雨量の減少による水力発電量の低下が要因だ。政府は十分な燃料を供給する措置を講じていると主張するものの、セイロン電力庁(CEB)が1月末から計画停電を実施する可…

関連国・地域: インドスリランカ中東
関連業種: 電機その他製造金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:英国やスイスの名門ボー…(05/26)

再生エネ、目標達成に黄信号 導入量は2倍に増えるも課題多く(05/26)

西部高速鉄道に1千億円の円借款(05/26)

日鉄合弁、南部のペレット工場を拡張(05/26)

鉄鋼公社、21/22年度は売上高が過去最高(05/26)

車ヒンドゥスタン、電動車で欧州同業と覚書(05/26)

ミャンマー人難民向け診療所、インドに開設(05/26)

CNG車の人気上昇、前年販売数は55%増(05/26)

中古車仲介カーウェール、金融チョラと提携(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン