• 印刷する

インド、世界最大のキュウリ輸出国に

インド商工省は23日、同国が世界最大のキュウリとミニキュウリの輸出国になったと発表した。

発表文によると、2020/21年度(20年4月~21年3月)はピクルスに加工されたものを含めて輸出量で22万3,515トン、輸出額で2億2,300万米ドル(約250億円)だった。21年4~10月は輸出量が12万3,846トン。輸出額は1億1,400万米ドルと、世界最大になったもよう。

米国やフランス、ドイツ、オーストラリア、韓国、日本、ロシア、中国、スリランカなどが輸出先という。


関連国・地域: インド
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

タイヤCEAT、南部工場の能力倍増へ(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

自賠責保険料の引き上げ承認、来月から適用(05/27)

GSTの税率区分見直し、物価上昇で困難に(05/27)

現代自、SUV「ベニュー」累計30万台突破(05/27)

電動自転車の購入支援制度、デリーで導入(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン