公共の場、接種会場に転用 政府、9千万人接種へ躍起

フィリピン政府は、新型コロナウイルスのワクチン接種拡大のためマニラ首都圏で公共の場を会場に転用している。バスターミナルや人工ビーチ、動物園などを一時的に使い、6月末までの9,000万人接種完了を目指し躍起になっている。政府は接種未完了者への行動制限を強化するなど強硬…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

入国前の陰性証明不要に 追加接種者、30日から適用(20:15)

首都圏のコロナ規制延長、6月15日まで(19:27)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

企業優遇、対象分野明確に 新たな戦略投資計画、大統領承認(05/27)

マルコス次期政権、財務相に中銀総裁(05/27)

マルコス氏、中国に「主権譲らない」(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン