23年までにCO2排出量取引、エネ鉱省

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省電力局のリダ局長は、国内の石炭火力発電所ごとに二酸化炭素(CO2)排出量の限度(キャップ)を設定し、余剰分や不足分を売買する「キャップ・アンド・トレード(排出量取引)」方式を2023年までに導入する計画を明らかにした。 エネ鉱省…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

国営製鉄、高炉再稼働に向け中国宝武と覚書(05/27)

ハラル認証の骨セメント投入 Kパワー、医療分野で事業拡大(05/27)

MRT東西線開発160兆ルピア 国際融資のほか民間投資見込む(05/27)

首都の偶数奇数ナンバー規制、25カ所に拡大(05/27)

パーム原油の国内供給義務は30%=調整相(05/27)

食用油プログラム、生産輸出業者に参加義務(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン