インテル最大11兆円投資、米に半導体工場

【ニューヨーク共同】米半導体大手インテルは21日、10年間で最大1,000億ドル(約11兆円)を投じ、米中西部オハイオ州に世界最大級の半導体製造工場を建設する計画を発表した。半導体生産の国内回帰を進めるバイデン政権の意向に沿い、急成長している台湾積体電路製造(TSMC)な…

関連国・地域: 台湾日本米国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

入国前の陰性証明不要に、接種済み外国人(05/27)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

パイロット、北部に現法設立へ(15:12)

ジェトロが企業庁と提携、新興企業を支援(05/28)

個人情報保護法、6月に施行 刑事罰や集団訴訟などの可能性も(05/27)

テイクオフ:北九州貿易協会から「不…(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

MRT東西線開発160兆ルピア 国際融資のほか民間投資見込む(05/27)

リアルテック、現地法人設立(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン