HCM市、テト帰省しない労働者が大幅増

ベトナムのホーチミン市では、テト(旧正月、2022年は2月1日が元日)に帰省せず市内で過ごす労働者が昨年に比べて30%も多いという。新型コロナ感染や帰省先で隔離されることへの警戒のほか、収入減が原因だ。19日付VNエクスプレスが報じた。 ホーチミン市労働同盟のグエン・…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

新規感染1239人、前日から36人減(05/27)

5月前半は貿易赤字27億ドル 月間で過去最大か、資源高響く(05/27)

アップルのイヤホン、ベトナムに生産移管か(05/27)

地場企業のデジタル化、サムスン支援で始動(05/27)

初のグリーン水素工場が6月着工、地場企業(05/27)

訪日観光6月10日解禁、ツアー客から(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン