• 印刷する

ロヒンギャ問題の国際裁判、2月21日に再開

ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題に関する国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)の審理が、2月21日に再開されることが分かった。ミャンマー側からは、国軍が再編した法務チームが出廷する。ロイター通信が14日伝えた。

原告である西アフリカのガンビアのダウダ・ジャロー検事総長が「21日に(対面とオンラインによる)ハイブリッド形式で審理を開始する」と語った。ICJの広報官は、審理の日程を明らかにしていない。

ミャンマーの法務チームは、2021年2月のクーデターまでアウンサンスーチー氏が率いていたが、国軍がクーデター後に再編している。次回の審理では、新チームがICJの管轄権について異議を申し立てる方針だ。原告が主張しているジェノサイド(民族大量虐殺)の有無は、その後の審理で争われる予定だ。

■代表権の誇示を狙う

国軍が審理に応じる背景には、国際裁判への出廷を通じて代表権を示す狙いがあるとみられる。国軍は、クーデターで奪取した政権への国際的承認を求めている。

関係者によれば、国軍はICJの仮処分命令に基づく報告書も提出に応じている。仮処分命令は20年1月に発表され、ジェノサイドにつながる行為を停止するとともに、命令への取り組みに関する報告書を半年ごとに提出するようミャンマーに求めている。

裁判の原告であるガンビアは19年、イスラム協力機構(OIC)を代表してミャンマーを提訴した。ガンビアは、国軍などによるロヒンギャ迫害がジェノサイド条約に違反していると主張している。西部ラカイン州では17年に、70万人を超えるロヒンギャが迫害を恐れて隣国のバングラデシュへ流出した。

ジェノサイドの疑惑について、アウンサンスーチー氏は19年12月にICJの審理で、国軍はロヒンギャの武装集団「アラカン・ロヒンギャ救世軍」(ARSA)の掃討作戦を展開したと主張。ジェノサイドの意図やジェノサイド条約への違反はなかったと弁明していた。


関連国・地域: ミャンマーバングラデシュアフリカ欧州
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

19日の感染者4人、新規検査数は更新されず(15:42)

食用油の高騰、天井見えず 国際市場ひっ迫で拍車懸念(05/20)

トウモロコシ高値で推移、国際需要高まりで(05/20)

シノファーム製ワクチン、500万回分が到着(05/20)

軍系企業の配当、政変後に軍人に支払いなし(05/20)

国軍、縁故企業トップなど27人の出国を禁止(05/20)

ヤンゴン港に寄港の貨物船、1~4月は199隻(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン