NY原油先物市況、14日は終値83ドル台

【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場は反発し、指標の米国産標準油種(WTI)の2月渡しが前日比1.70ドル高の1バレル=83.82ドルと、昨年11月上旬以来、約2カ月ぶりの高値で取引を終えた。 ロシア軍がウクライナ国境付近に部隊を増強…

関連国・地域: 日本米国
関連業種: 自動車・二輪車天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

入国前の陰性証明不要に、接種済み外国人(05/27)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

個人情報保護法、6月に施行 刑事罰や集団訴訟などの可能性も(05/27)

テイクオフ:北九州貿易協会から「不…(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

MRT東西線開発160兆ルピア 国際融資のほか民間投資見込む(05/27)

リアルテック、現地法人設立(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン