• 印刷する

石油資源開発、北部のLNG基地事業に参画

石油資源開発(JAPEX)は11日、ベトナム北部ハイフォン市での液化天然ガス(LNG)基地建設プロジェクトに参入すると発表した。プロジェクトに参画する南部ホーチミン市の天然ガス供給会社の株式を取得した。JAPEXがベトナムで本格的に事業を行うのは初めて。経済成長が続くベトナムでのLNG需要の拡大を見込んでいる。

JAPEXが取得したのは、天然ガスの供給・販売などを手掛ける地場企業ITECOの株式。JAPEXは2020年2月にベトナム政府の承認を得て、21年12月28日に株式取得を完了した。投資額やITECOへの出資比率は現段階では開示していない。

現在は、ITECOがLNGの調達や供給先確保を請け負っており、JAPEXは22年後半の最終投資決定を目指し準備を進めている。

LNG基地はハイフォン市ナムディンブー工業団地に建設予定で、LNGの調達・貯蔵・供給を一貫して行う。25年の稼働を目指して、第1段階では年間最大65万トンのLNGを搬送できる桟橋や、容量5万立方メートルの貯蔵タンクを建設する。20年代後半までに3万立方メートルの貯蔵タンクを増設し、合計貯蔵量を8万立方メートルにする計画だ。

JAPEXの広報担当者はNNAの取材に対し、ベトナム国内のガス田は枯渇傾向にあるため、LNGのインフラ整備の需要が高まっていると説明。「経済成長が見込まれるベトナムは有望な市場だ」と述べた。同プロジェクトについては、北部で最初に立ち上がるLNG基地建設事業になる予定のため着目していたという。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車天然資源電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

検査試薬不正、保健相処分へ コロナ禍を悪用、全国で摘発(05/20)

トウモロコシ高値で推移、国際需要高まりで(05/20)

〔アジア人事〕ミスミグループなど(05/20)

国家証券委のズン委員長解任、党中央検査委(05/20)

米アップル、ベトナムでの調達拡大を検討(05/20)

ビンG、国際市場で5.3億ドル社債発行(05/20)

EV普及には「3本柱」がカギ、商工省(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン