12月末の外貨準備高、1089億ドルに増加

フィリピン中央銀行は13日、総外貨準備高(GIR)の速報値が2021年12月末時点で1,088億9,110万米ドル(約12兆4,600億円)だったと発表した。過去最高を記録した20年12月以来、1年ぶりの高水準となった。11月末時点の確定値から11億6,750万米ドル増えた。 内訳を見ると、海外投…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに3万2744人感染(01/21)

新型コロナ、新たに3万552人感染(20:47)

国内企業、資金集め一服 21年は45%減、前年の反動減(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

新型コロナ、新たに3万1173人感染(01/21)

地方の複数地域、外出制限を厳格化(01/21)

首都圏の感染者1万人下回る、2週間ぶり(01/21)

未接種者の行動制限条例、首都圏全域で制定(01/21)

公共交通の利用制限、運輸省「通勤は例外」(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン