東部で環境配慮型の経済振興、住商参加へ

インドネシア東部地域の西ヌサトゥンガラ州で、住友商事のインドネシア法人が地場企業と提携して、環境に配慮した地域経済の振興に向けて事業を計画しているもようだ。同州スンバワ県政府がこのほど明らかにした。 住友商事の担当者は13日、NNAのメール取材に対し、「農業・…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 食品・飲料化学農林・水産天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「大変な2021年をよ…(01/27)

「ホテルオークラ」初進出 三菱地所が開発、25年開業予定(01/27)

石炭販売量を毎月報告、違反者には罰金(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

三菱ふそう、商用車市場でシェア48%目標(01/27)

インドネシアに92億ドル投資、再生エネなど(01/27)

三菱ふそう現法次期社長、元取締役の田中氏(01/27)

バイオガソリンの試験工場、中ジャワで稼働(01/27)

出光出資の石炭会社、UAE社と太陽光発電(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン