政変による民族紛争への影響を報告=ICG

紛争防止を目的とする国際的シンクタンク「インターナショナル・クライシス・グループ(ICG)」は12日、ミャンマー国軍が昨年2月に起こしたクーデターが、国内の民族紛争に与えた影響に関する報告書を発表した。 報告書では、クーデターがミャンマーの紛争状況を大きく変えただ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

少数民族の取り込み後押しを 民主派、信頼構築カギ=調査団体(01/20)

守護者を自負する国軍、「敵」に残虐行為(01/20)

タイはミャンマー和平に積極関与を=専門家(01/20)

マンダレー、衝突にからみ8歳の子ども死亡(01/20)

カレン避難民5万人に、1カ月以上の戦闘で(01/20)

国軍が民間人に軍事訓練、兵士不足で(01/20)

空軍トップ退役、総司令官の好き嫌い影響か(01/20)

国軍との関係断絶、セルビアに呼び掛け(01/20)

全国で違法木材押収、10~18日で700トン超(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン