BCPG、ラオスの送電会社の株式25%取得

タイ政府系製油・給油所運営・石油開発会社バンチャーク・コーポレーションの再生可能エネルギー開発子会社BCPGは12日、ラオスで送電網を開発するナム・タイ・パワー・ソールの株式25%を取得したと発表した。ラオスの水力発電事業の支援が目的。 タイ証券取引所(SET)へ…

関連国・地域: タイベトナムラオス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:赤地に黄色い一つ星の国…(01/27)

環境都市、各地が開発目指す チョンブリ県では5Gの実証実験(01/27)

新規感染者7587人、首都は1683人(26日)(01/27)

プーケット高速道、土地収用の法令案承認(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

首都の新ターミナル駅商業開発、来月に入札(01/27)

鉄鋼タタ、22年3月期の販売量2%増見通し(01/27)

21年4Qの首都圏地価、鉄道沿線で上昇続く(01/27)

ガルフ、中国企業とラオスで水力発電所開発(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン