脱炭素へ経済社会大変革、首相の施政方針原案

【共同】岸田文雄首相が、通常国会召集の17日に実施する施政方針演説の原案が判明した。2050年に国内の温室効果ガス排出を実質ゼロにする政府目標の実現に向けて、産業構造や国民生活を含む「経済社会全体の大変革」に取り組むと表明。子ども関連施策の司令塔となる「こども家庭庁…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

環境都市、各地が開発目指す チョンブリ県では5Gの実証実験(01/27)

ガソリン46都道府県で上昇、灯油13年ぶり高値(01/27)

ヤシ殻培土生産でDX推進 新興ココカラ、農家の所得向上(01/27)

「ホテルオークラ」初進出 三菱地所が開発、25年開業予定(01/27)

ギソン製油所、運転停止なら卸売に影響大(01/27)

日本の地方活性化を後押し JALが対中越境EC支援(上)(01/27)

裁判所がキリンの主張認める、合弁清算巡り(01/27)

日電産、売上高が過去最高(01/27)

マルチ・スズキの10~12月、48%減益(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン