• 印刷する

テイクオフ:農家の新たな収入源とな…

農家の新たな収入源となる「アグリツーリズム」という新しい観光が、インドでも広がりを見せている。国内外の観光客が参加し、農家の暮らしを体験する。

参加者は、実際に農業を体験してみたり、おいしい食事を食べたり、伝統的な文化に触れたりできる。新鮮な農産物を購入できるのも魅力だ。

西部マハラシュトラ州でも、アグリツーリズムの推進に取り組む人がいる。村の暮らしを体験したいという観光客は多く、ホテルに滞在する一般的な観光と違って費用が安くすむので、ビジネスとしても魅力がある。あるプランでは、2回の食事込みで1人当たり1日1,000ルピー(約1,560円)しかかからない。

アグリツーリズムには、奥地に行って伝統的な暮らしをする人たちと触れ合うというジャンルもある。得難い経験をしたいという観光客には需要があり、手工芸品も人気を集めている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドでは最近、あるビ…(01/27)

ヤシ殻培土生産でDX推進 新興ココカラ、農家の所得向上(01/27)

マルチ・スズキの10~12月、48%減益(01/27)

オラ、四輪車のコンセプトカーの画像公開(01/27)

配車や食事宅配車両の電動化、首都で義務化へ(01/27)

鉄鋼タタ、22年3月期の販売量2%増見通し(01/27)

ホンダ二輪、CBR650Rの22年モデル発売(01/27)

地場コマキ、電動クルーザーバイクを発売(01/27)

オラの電動車部門、2億ドルを調達(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン