ビン、内燃エンジン車撤退へ 22年末までにEV特化、巻き返し

ベトナム投資グループ(ビングループ)傘下の新興国産車メーカー、ビンファストは米現地時間の5日、ラスベガスで、2022年末までに内燃エンジン車の生産を停止すると発表した。ガソリンを燃料とする現行車種では日米欧など各国の有力メーカーが競合する市場の一角に食い込むことは…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

7月新車販売は前月比20%増 買い控え収束、供給制約が足かせ(08/12)

ビンファスト、EV供給難で7月販売4割減(08/12)

国営電力、強制力のある節電法整備を要請(08/12)

新電力開発計画、副首相が商工省に追加指示(08/12)

45年の石炭火力の比率は13.2%、商工次官(08/12)

ガソリン価格、5回連続で引き下げ(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン