• 印刷する

夏季の電力1470MW不足、供給制限へ

ミャンマー国軍の統制下にある電力・エネルギー省は5日、夏季にあたる3~5月にかけて1,470メガワット(MW)規模の電力不足に陥るとの見通しを明らかにした。電力不足に対応するために朝夕の供給を抑える方針で、一部地域で停電が発生すると予告した。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーを通じて発表した。

電力・エネルギー省によれば、国内の発電所の総出力は4,200メガワットだが、液化天然ガス(LNG)価格の高騰や、ミャンマー沖合のガス田「ヤダナ」のメンテナンス、送電塔の破壊などにより発電量が制限されている。

ヤダナのメンテナンスは6日に終了し、天然ガスの生産を再開する。また、電力省は送電塔の修復に取り組んでいるが、930メガワット程度の供給減は避けられない見通しだ。このため、電力網への負荷軽減を目的に午前7~11時と午後5~7時の時間帯の電力供給を制限する。「一部の地域では停電も起きる」と予告した。

電力省は「電力の安定供給や新たな電源開発に向けて努力している」と強調し、消費者の理解を求めるとともにLED(発光ダイオード)電球の利用などによる節電を呼び掛けた。

ミャンマーでは全1,090万世帯のうち、60%に相当する660万世帯が国家電力網に接続されている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

24日の感染者11人、48日連続で死者ゼロ(11:39)

ザガイン管区で焼き打ち、5千人避難(10:59)

マンダレー管区産トマトに高値(10:56)

登校再開の機運、葛藤胸に 教育の遅れに募る危機感(05/25)

新モン州党、和平交渉で国軍支持の姿勢(05/25)

米大統領、ミャンマー民主化への回帰強調(05/25)

ヤンゴンのパーム油価格、8.7%引き下げ(05/25)

油料作物の栽培面積拡大へ、ザガイン管区(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン