• 印刷する

通信ディト、売上高20億ペソ突破

フィリピンの新興通信会社ディト・テレコミュニティーは20日、事業を開始した3月以降の売上高が今月18日時点で20億ペソ(約45億5,000万円)を突破したと明らかにした。携帯電話サービスの加入件数は500万件を超えた。

加入者は増え続けており、売上高は年内に最大23億ペソに増える見通し。22年はさらに拡大すると見込む。

ディトはフィリピンと中国の企業が合弁で設立した国内3番目の通信会社。3月に南部ミンダナオ地方と中部ビサヤ地方でサービスを始め、5月にはマニラ首都圏に広げた。現在は500地域に事業を展開しており、人口カバー率は52.75%に上る。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

岸田首相、マルコス氏と電話会談(05/20)

中銀、0.25%利上げ 3年半ぶり、物価高を警戒(05/20)

トウモロコシ高値で推移、国際需要高まりで(05/20)

比自工会、輸入EVの関税免除を支持(05/20)

経済界、今国会での重要法案成立を要請(05/20)

改正外国投資法、細則案を作成(05/20)

複数エコノミスト、比GDP予測引き上げ(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン