【年始特集】出入国規制と供給網に懸念 今年のリスク、コロナ影響続く

新たな変異株「オミクロン株」の出現などで新型コロナウイルス収束の兆しが見えない中、アジア進出日系企業の駐在員の多くが今後の景気を占う上でのリスク要因として「出入国規制」と「サプライチェーン(調達・供給網)の混乱」を挙げている。NNAが実施したアンケート(昨年12…

関連国・地域: 中国香港台湾韓国タイベトナムミャンマーマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

三菱UFJ、環境融資に注力 台湾上場企業など7社に600億円(01/20)

東南ア初のららぽーと開業 三井不、コロナ禍で1年遅れも(01/20)

【アジア本NOW】『K−POP時代を航海する コンサート演出記』(01/20)

日系企業「生産拡大に期待」 展望22年(上)、躍進の14億人市場(01/20)

外国車勢、日本でEV強化(01/20)

21年電動車販売3200台、EVは5倍以上に(01/20)

豪全土から日本への入国、隔離3日に(01/20)

ブランド名JTEKTに、軸受けや工作機械事業(01/20)

魚介自給率94%へ引き上げ、32年度目標(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン