首都圏、コロナ感染急減 1日約100人、患者ゼロの病院も

フィリピンのマニラ首都圏で新型コロナウイルスの感染者が急減している。1~7日の1日平均の感染者数は105人と、直近ピークの9月の約6,000人から大幅に減った。医療提供体制の改善も顕著で、マカティ市の一部病院ではコロナ患者がゼロになった。政府が外出・移動制限措置を見直…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに2万9828人感染(18:29)

新型コロナ、新たに3万2744人感染(01/21)

新型コロナ、新たに3万552人感染(01/22)

国内企業、資金集め一服 21年は45%減、前年の反動減(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

新型コロナ、新たに3万1173人感染(01/21)

地方の複数地域、外出制限を厳格化(01/21)

首都圏の感染者1万人下回る、2週間ぶり(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン