元太科技、竹科で新工場の建設開始

台湾電子ペーパー大手の元太科技(イーインク)は6日、新竹市の新竹科学園区(竹科)で新工場の建設に着手したと発表した。投資総額は19億1,200万台湾元(約78億3,000万円)。2023年の完成を目指す。 新工場は、電子ペーパーの製造と研究開発(R&D)の中核拠点との位置付け。…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2月1日の春節(旧正月…(01/24)

ASUS関連工場で集団感染 3日で100人、防疫措置引き締め(01/24)

【学びの機会】第2回 帰国生入試だけではない(01/24)

新型コロナの域内感染、23日は52人(01/24)

市中でクラスター多発なら第3級に、指揮官(01/24)

公共交通機関での飲食禁止に、コロナ対策で(01/24)

外国人労働者のコロナ検査を支援、労働部(01/24)

鴻海子会社、新竹工場の4人がコロナ感染(01/24)

インテル最大11兆円投資、米に半導体工場(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン