人道支援必要者が増加、紛争とコロナ影響

【ジュネーブ共同】国連人道問題調整室(OCHA)は2日、世界全体で人道支援を必要とする人が2022年には2億7,400万人に上るとの報告を発表した。世界人口に当てはめれば30人程度に1人の割合。各地で長引く紛争や新型コロナウイルス感染症が収束しないことも相まって、21年の2…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

民政復帰を支援、米高官が民主派と会談(01/28)

新規感染168人を確認、前日比48人増(01/28)

経済の中国傾斜が加速の懸念 国軍孤立化「頼る先」限られ(01/28)

米政府、企業にミャンマー事業リスクを警告(01/28)

豪ウッドサイド、ミャンマー鉱区から撤退へ(01/28)

民主派「新国家まで闘う」、国軍打倒誓う(01/28)

民主派政府、武器取引企業をブラックリスト(01/28)

国軍が中部の陸上油田を燃やす、被害は甚大(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン