ポスコが持ち株体制に移行か

韓国鉄鋼大手のポスコが持ち株会社体制に移行する見通しだ。10日の取締役会を経て、2022年1月の臨時株主総会で確定すると予想されている。2日付毎日経済新聞が伝えた。 現在のポスコから鉄鋼部門を切り離して事業会社「ポスコ」を新設し、「ポスコ持ち株」(仮称)の下に系列会…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 化学鉄鋼・金属建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1万4518人、過去最多を更新(10:16)

ブースター接種25.2万人増、接種率50.7%(10:16)

サムスン4Q営業益53%増、半導体がけん引(15:59)

テイクオフ:韓国の国会議事堂の地下…(01/27)

重大災害法きょうから施行 事故多発で改善、日系にも負担(01/27)

新規感染者1万3012人、初の1万人超え(01/27)

韓国サムスン、交通インフラへの投資に関心(01/27)

ブースター接種24万人増、接種率50.3%(01/27)

LGエナジー、GMと米に第3電池工場(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン