南北通勤鉄道、来年に一部完工見通し

フィリピン運輸省は1日、マニラ首都圏と近郊を結ぶ南北通勤鉄道の延伸事業(パンパンガ州クラーク国際空港―ラグナ州カランバ)について、第1期区間に設置する一部の駅が2022年に完成する見通しと明らかにした。 トゥガデ運輸相らが同日、ブラカン州の建設現場を視察した。工事…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中部セブ市から車に揺ら…(01/17)

首都圏、感染ピーク間近か 比大機関、保健省は慎重姿勢(01/17)

首都圏と周辺州、月末まで外出制限延長(01/17)

新型コロナ、新たに3万7154人感染(01/17)

外国人の入国、2月から接種証明必要に(01/17)

日本「低リスク」に、陰性48時間へ短縮(01/17)

国内のコロナ隔離、軽症者は7日間に短縮(01/17)

クラーク自由港、接種証明か陰性証明必要に(01/17)

トヨタ、「RAV4」のHVモデル投入(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン