【10大・第4位】現代自が電動化に本腰、海外投資を加速

現代自動車グループにとって2021年は、電動化へのシフト元年となった。専用プラットフォーム(車台)を採用した「アイオニック5」(現代自)、「EV6」(起亜)を発売したほか、日本車の牙城インドネシアでは東南アジア初の完成車工場を着工した。 現代自グループの鄭義宣(…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:嫌韓を解消させる方法、…(06/29)

産学連携の「契約学科」普及 IT大手が主導、人材不足に対応(06/29)

新規感染者9896人、死者5人増(06/29)

電気・ガス料金、7月から同時値上げ(06/29)

AI半導体を育成、5年で1兆ウォン投資(06/29)

LS電線、越住宅大手にバスダクト供給(06/29)

韓国メタルシリコン、ユミコアと負極材開発(06/29)

韓国造船海洋、比政府から警備艦6隻受注(06/29)

サムスン電子、水原にR&Dセンター新設か(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン