11月PMI、4カ月連続上昇 政情や原材料不足に依然課題も

英市場調査会社IHSマークイットが先ごろ発表した、ミャンマーの2021年11月の製造業購買管理者指数(PMI)は46.7となり、4カ月連続で前月実績を上回った。14カ月連続で景気判断の節目となる50を割り込んだものの、2月に発生したクーデター以降で最も高い水準になった。ただ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

外国投資3割減、10~12月 2四半期連続で水面浮上ならず(01/25)

活気消え「平穏」が支配、増える失業(01/25)

ヤンゴンで大型車両の通行規制、2月から(01/25)

総司令官、電力不足認め「LEDで節電を」(01/25)

NUG「首相」、年内の国軍打倒を約束(01/25)

【日本の税務】現地スタッフ採用時の文化的配慮について(01/25)

中銀が1月5度目の介入、1500万米ドル売却(01/25)

14日までのバングラとの国境貿易、79%減(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン