• 印刷する

テイクオフ:週末、久しぶりに映画を…

週末、久しぶりに映画を見に行った。以前はほぼ毎月足を運んでいた映画館だが、遠のいて久しい。いつぶりだろうとチケットの購入履歴を調べると、驚くことに前回の購入から8カ月がたっていた。

新型コロナウイルス感染症の防疫措置の緩和に合わせて、延期が続いていた作品の公開もようやく始まり、映画業界は徐々に活気を取り戻しつつある。割引クーポンの配布や抽選イベントなど、集客に向けた販促キャンペーンも盛りだくさん。新型コロナワクチンの接種が完了した人専用の劇場内では、飲食も可能になった。

ポップコーンを片手に、大きなスクリーンに身を任せる。上映中、同時に起こる人々の笑い声。以前では当たり前だったことの数々が、どれほどかけがえのないものであったかを痛感させられたひとときだった。やはり、映画は映画館で見るのが最高だ。(辰)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者7630人、死者11人増(17:09)

ブースター接種25.8万人増、接種率49.2%(16:32)

「バイオ認証」で世界攻略へ シュプレマ「伸びしろ大きい」(01/21)

印に初の半導体工場設立を推進 ベダンタ、傘下の日系企業通じ(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

新規感染者6603人、死者28人増(01/21)

ブースター接種21.2万人増、接種率47.2%(01/21)

サムスンの21年輸出、16%増の655億ドル(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン