CO2排出取引調査、100万トンが課税対象

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は11月29日、石炭火力発電所32カ所を対象に実施した、二酸化炭素(CO2)排出権取引の試験的調査で、炭素税の課税対象となるCO2排出量が約100万トンに達していることを確認した。ロイター通信が同日伝えた。 インドネシアでは2022年から…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:非代替性トークン(NF…(01/26)

グラブ、22年に電動車両1万4000台投入(01/26)

チスムダウ高速道、セクション1が開通(01/26)

トラベロカ、16都市でタクシー配車サービス(01/26)

東南ア、変異株で成長率を5.2%に下方修正(01/26)

新首都開発費、経済復興予算からは拠出せず(01/26)

豪州への自動車輸出、3月までに開始予定(01/26)

ホンダ、アコードの新モデル発表(01/26)

【食とインバウンド】 拡大を続けるアレルギー対応市場(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン