• 印刷する

ペリタ・エア、A320で首都拠点の路線就航

インドネシアの国営石油プルタミナの子会社で、チャーター便の運航事業などを手掛けるペリタ・エア・サービスは、首都ジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ国際空港を拠点にエアバスA320を使用して定期便を運航する予定だ。11月30日付インベストール・デーリーなどが伝えた。

運輸省航空局のノフィ局長によると、ペリタ・エアは現在、A320を使用した定期便の航空運送事業許可(AOC)の取得手続きや、機体のメンテナンス契約、パイロットやエンジニアなどの人材の準備を進めているという。

ペリタ・エアの公式インスタグラムによると、11月29日までパイロットや客室乗務員を募集していた。

ペリタ・エア監査役のミカエル・ウンバス氏は「定期便の就航を計画しているのは、ビジネスチャンスがあるからであり、国営航空ガルーダ・インドネシアの状況とは関係ない」と強調した。

経営悪化に陥っているガルーダ航空は、2022年までに運航路線を新型コロナウイルス流行前の237路線から140路線に削減する予定を示している。

国立インドネシア大学で国営企業について研究するトト・プラノト氏は、「ペリタ・エアの定期便就航は、(ガルーダ航空が路線を廃止する)遠隔地への航空便を補完することになる」との見通しを示した。

ペリタ・エアは先に、22年第1四半期(1~3月)に定期便を就航させる予定を明らかにしている。

ペリタ・エアは11月29日まで、エアバスA320のパイロットを募集していた(同社公式インスタグラムより)

ペリタ・エアは11月29日まで、エアバスA320のパイロットを募集していた(同社公式インスタグラムより)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

22年の中古車市場、3%成長予測(15:11)

東南アのネット販売業者、21年景況感は良好(16:07)

公共事業省、水資源管理に41兆ルピア(15:10)

テイクオフ:「大変な2021年をよ…(01/27)

「ホテルオークラ」初進出 三菱地所が開発、25年開業予定(01/27)

石炭販売量を毎月報告、違反者には罰金(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

三菱ふそう、商用車市場でシェア48%目標(01/27)

インドネシアに92億ドル投資、再生エネなど(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン