• 印刷する

テイクオフ:海外生活で大変なことは…

海外生活で大変なことはいろいろあるが、歯の治療もその一つ。治療費が高く、歯医者に行くには覚悟がいるからだ。前任地の香港で虫歯1本を治すために5万円以上かかった時には領収書を見て肩を落とした。

日ごろから丁寧に歯磨きをしているつもりだが、台湾で初めて歯医者に行く機会はあっけなくやってきた。食事中に突然詰め物が取れてしまったのだ。近所の歯科医院をネットで探して予約。受付で台湾の全民健康保険(日本の国民健康保険に相当)のカードを渡して200台湾元(約800円)を払い、治療は無事終わった。

いくらかかるか分からないが、高ければまたクレジットカードで払おう。そんな思いで受付に呼ばれるのを待っていたが、追加の支払いは不要だと告げられ拍子抜けしてしまった。たびたびお世話になりたくはないが、台湾の健康保険制度のありがたさを痛感させられた。(祐)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、23日は52人(17:37)

市中でクラスター多発なら第3級に、指揮官(19:16)

公共交通機関での飲食禁止に、コロナ対策で(14:51)

台北の円山大飯店、スタッフの感染確認(19:49)

高雄市、コロナ警戒第2級の防疫措置を強化(19:40)

高雄市、高校以下の冬休み活動を原則禁止(19:50)

パラオとのトラベルバブル、検疫措置を強化(01/21)

新型コロナの域内感染、22日は82人(01/22)

新型コロナの域内感染、21日は23人(01/21)

台北で2人の感染確認、耳鼻科や大学で接触(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン