• 印刷する

【21年の10大ニュース】医療崩壊寸前から回復

インドネシアは新型コロナウイルス感染の第2波が到来し、感染者や死者が激増した。医療は崩壊寸前の状況に陥り、在留邦人も退避のために続々と帰国した。政府が厳しい活動制限を敷き、ワクチン接種も進んだことで、9月ごろから第2波は収束に向かった。

一方で経済はコロナの影響をそれほど受けなかった。巨額の財政出動に加え、資源価格上昇や主要輸出先の経済回復などの外的要因にも下支えされ、経済成長率は第2四半期(4~6月)にV字回復。感染状況が悪化した第3四半期(7~9月)もプラス成長を維持した。

減税効果で新車需要が持ち直し、2年ぶりに実会場で国際モーターショーが開催された。コロナが生んだ巣ごもり需要は各種サービスのデジタル化促進につながり、関連企業の統合による巨大ユニコーン(企業価値が高い新興企業)も誕生した。電動車産業や脱炭素化に向けた動きも活発化し始めた。

10月には折り返し地点の3年目に突入した第2期ジョコ政権。オミクロン株到来による感染第3波も懸念されるが、年末年始休暇の規制強化でこれを乗り切り、来年の政治経済の安定運営につなげたいところだ。

ジョコ大統領が1月13日、インドネシア人第1号として新型コロナワクチンの接種を受けたようすは、テレビ放送で生中継された(大統領府提供)

ジョコ大統領が1月13日、インドネシア人第1号として新型コロナワクチンの接種を受けたようすは、テレビ放送で生中継された(大統領府提供)

【第1位】1日5万人超の感染も、医療崩壊

【第2位】EVの生産・輸出国へ、30年には60万台

【第3位】自動車販売回復、奢侈税減免が下支え

【第4位】60年に炭素中立へ、再エネ発電加速

【第5位】国税規則調和法成立、税収増狙う

【第6位】雇用創出法、細則公布の一方で違憲判決

【第7位】ゴジェックとトコペディアが経営統合

【第8位】バンドン高速鉄道、国費投入決定

【第9位】デジタル銀の参入加速、規定も新設

【第10位】ガルーダ経営悪化、乗客は以前の2割

【番外編】五輪バド女子ダブルス、初の金メダル


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米エクソン、チェプ鉱区から撤退計画か(08/19)

首都公共バス電動化、英社やバクリーと覚書(08/19)

穴吹興産、不動産販売に参入 日系初、外資規制緩和で事業拡大(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

清水建設が受注、MRT入札難航の末(08/19)

7月電動車販売、前年比8倍の1030台(08/19)

日航サーチャージ最高を更新、10~11月発券分(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン