ミャンマー難民認定15人、クーデター後に

【共同】ミャンマーで国軍のクーデターが発生した2月以降、日本で難民認定を受けたミャンマー人が10月末時点で15人に上ることが25日、出入国在留管理庁への取材で分かった。日本政府は軍事政権に対する制裁に慎重な姿勢を維持しているが、国軍の弾圧で千人以上が死亡するなど情勢…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ問題の国際裁判、2月21日に再開(14:09)

ミャンマー語ラベル表示、約8割が順守(15:15)

フン・セン氏の強行策で波紋 ASEAN、外相会議も先送り(01/17)

国軍が成果強調、カンボジア首相訪問巡り(01/17)

履行なければ軍政呼ばず、シンガポール首相(01/17)

フン・セン氏訪問を批判、マレーシア(01/17)

スーチー氏にまた汚職容疑、5件訴追(01/17)

避難民18万人以上、カヤー州などで流出(01/17)

世銀の成長率予測、マイナス18%で変わらず(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン