NSWの老朽発電所解体、再生エネ拠点に

オーストラリア・ニューサウスウェールズ(NSW)州リスゴー近郊のウォレラワング石炭火力発電所の一部解体が24日行われ、地元の象徴となっていた高さ175メートルの煙突2基などが取り壊された。跡地は再生可能エネルギー開発拠点として再利用する計画。25日付シドニー・モーニン…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーの有名なビーチ…(01/17)

豪企業、売掛債権額が45%減 コロナ感染再燃の影響顕著(01/17)

オーストラリアのフィンテック社、営業開始(01/17)

豪の家計消費、緩やかに回復へ=フィッチ(01/17)

ポテト制限・飲料欠品、値上げ圧力一段と(01/17)

〔オセアニアン事件簿〕トンガで海底火山噴火、豪NZ日で津波警戒(01/17)

感染増、連邦が6月末までテレヘルスを拡大(01/17)

豪製RATキット、TGA承認数カ月待ち(01/17)

ベトナム航空、オーストラリア定期便を再開(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン