先端半導体に6千億円、TSMC工場新設を支援

【共同】政府は24日、先端半導体を生産する企業を支援する基金の財源として、2021年度補正予算案に6,170億円を計上する方針を固めた。経済安全保障への対応策の一環で、4,000億円程度を台湾積体電路製造(TSMC)による熊本県での工場新設に拠出する。他の新工場建設も支援する…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

インド競争委、日系海運4社のカルテル認定(01/25)

民主派政府、日本に承認要請 幹部が政変1年を前に訴え(01/26)

東芝が半導体工場を停止、地震で装置破損(01/26)

日系企業の業績改善続く 21年下半期、見通しは下振れ(01/26)

テイクオフ:広州では今、昨年進出し…(01/26)

コロナ後の労働力確保に懸念 国内は少子化、出稼ぎ者も戻らず(01/26)

日本通運が組織体制再編 NXグループへ、海外事業を加速(01/26)

日産連合EV3兆円投資、新型30種以上投入へ(01/26)

NY原油先物市況続落、24日は終値83ドル台(01/26)

パナがEV用新電池量産へ、テスラ向け想定(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン